companyti

法人情報

法人名 株式会社自然やさいファーム
事業目的 福島の復興再生に寄与することを目的として、「自然農法」と「土壌加温」を
一体化した「環境保全型フクシマハウス自然農法」で、県内の遊休農地を活用し、
「有機JAS認定やさい」を省力、高収穫で栽培し、消費者に届ける
「農業ビジネス」の普及・展開を図る。
発行可能株式総数 10,000(株)
設立登記 2016年7月
資本金 150万円
代表取締役 佐野清幸
本店所在地 福島県伊達郡川俣町大字羽田字五郎内26
だて農場事務所 福島県伊達市梁川町粟野字堀切9-1
販売本部所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20
問合せ先 フクシマ復興応援ネットワーク事務局 井上 仁
電話 045-921-5687、携帯 080-3457-5568(佐野)
メール info@shizenyasai.co.jp

㈱自然やさいファーム設立まで経緯

フクシマ復興応援ネットワークは、2014年9月「深層土壌加温有機温農法」との出会いを契機に、「原発被災の風評被害に晒されている農業県福島だからこそ、自然と一体となった安全・安心な農業への回帰を!」という思いで、県内の遊休農地を活用し、肥料や農薬を使わない「自然やさい」を通年で栽培する農法を「環境保全型フクシマハウス自然農法」と命名しました。
全国の皆さんから多大なご支援を戴き、2015年9月、自然農法のやぶ田ファームに「深層土壌加温システム」を導入し、自然やさいの高収穫実証栽培プロジェクト立上げました。2016年7月、その成果をもって、有志の皆さんと福島県の復興再生を応援する農業法人「㈱自然やさいファーム」を設立し、伊達市梁川町に福島だて農場を設営するに至りました。
  • 2014.9~

    フクシマ復興再生農業プロジェクトの立上げ
  • 2014年9月~12月

    生涯現役推進協議会で、ラジアント社の深層土壌加温有機農法と出会う。
  • 帯広市の「やぶ田ファーム」を訪問

    →深層土壌加温による自然農法の高収穫化について意見交換
  • 佐藤金正福島県会議員を訪問(吉川、植田、井上)

    →深層土壌加温有機農法のフクシマへの導入について相談
  • 相馬市NPO法人ワークシエリング 高橋和美さん訪問

    →和田観光苺組合のハウス苺栽培調査
    宮城県復興再生農業 亘理・山元町大規模イチゴハウス農業の調査
    JR伊達みらい、福島県庁園芸課との意見交換
  • 2015年1月

    ラジアント社の深層土壌加温有機農法
    「新しい東北」を創る卵を見つけ、育てるコンテスト「REVIVE JAPAN CUP 2014」で
    「政策部門:復興政策優秀提言」を受賞

    やぶ田ファームの自然農法に深層土壌加温システムを導入した農法を「フクシマ再生農法」と位置づけ、「環境保全型フクシマハウス自然農法」と命名
    実証栽培試験プロジェクト立上げのためのクラウドフアンディング開始
  • 2015.4~

    一般社団法人 日本PVプランナー協会企業とのソーラーシェアリング農業としてのタイアップ路線固まる
  • 2015年5月~~

    一般社団法人 日本PVプランナー協会企業3社「タデック、ビル技研、横浜環境デザイン」と
    「ソーラーシェアリング農業」としてのタイイアップ路線固める。
  • 2015年9月~

    やぶ田ファームに深層土壌加温システムを導入、実証栽培プロジェクトスタート
  • 2016.1~

    フクシマを応援する農業法人「㈱自然やさいファーム」の設立
  • 2016年1月

    やぶ田フアーム代表藪田秀行氏上京
    今後の展開について打ち合わせ
  • 2月~

    一般社団法人 日本PVプランナー協会企業3社
    タデック、ビル技研、横浜環境デザインとともに福島県庁を訪問。
    佐藤金正県議、伊達商事一条恒男氏と農業法人の設立について相談。
    伊達市梁川の福島だて農場拠点候補地を訪問
  • 7月

    次を出資者とする「㈱自然やさいファーム」を登記
    一般社団法人 日本PVプランナー協会企業3社、
    フクシマ復興応援ネットワーク、佐藤金正福島県議、伊達商事
  • 8月~

    福島県伊達市梁川福島だて農場の設営準備開始
    福島だて農場責任者の採用、土地賃貸契約、伊達市農業委員会への申請手続き
  • 9月22日

    除草、地鎮祭
  • 9月26日

    表面土壌掘削
  • 9月27日

    やぶ田ファーム代表 藪田秀行氏現地入り
    有材心土破壊溝掘削、表面掘削土壌・草・パイプ埋め込み、山川プログラムの実施
    ビニルハウス設営、深層土壌加温システム導入工事、整地、第一回播種